千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はちょっとした飲み会
でも1次会でさくっと帰るおいら。
なぜなら・・・団体行動は嫌いなんですよね(ほんとか?)


家に帰ってCSでプロ野球ニュース見たら、高木豊が怒ってました。

今日はウサギvs横浜の試合
この2チームといえば、村田とラミレスのホームラン争いが熾烈です。
そんななかで横浜はラミレスに4敬遠
唯一勝負した打席ではHR打たれてるし・・・・

全てが消化試合となっている横浜からすると、内川の首位打者と村田のHRキングは死守したいところなのでしょうけど、露骨ですね。
ラミレスがHRを打ったあとに村田が打ち返す。
優勝争いでは無いですが、2人がすばらしい争いをしていたんですけど、それに水を差すチームオーダー
最後の打席でラミレスはバットすら構えませんからね。
どうせストライクゾーンには来ないってことで・・・

横浜OBの高木豊が本気で怒ってました。
なんか納得させられちゃった。
ニッカン式で確認してね


そういえば似たような争いがパ・リーグでもあったんですよ。
今年のリック(楽天)と中島(西武)の首位打者争い
10月4日に直接対決がありました。

その前日までの成績は
リック 491打数 163安打 打率 .33197
中島 481打数 159安打 打率 .33056

中島がは3打数2安打で .33264 となります。
この状態で楽天ベンチは中島と勝負しました。
1打席目アウト、2打席目ヒット
そして3打席目にヒットを打たれると首位打者が逆転してしまう場面で、中島を三振に仕留めています
ニッカン式

なんかかっこいいですよね。これぞ野球!!!って思いますよ。


でもパ・リーグにはご存知のこんな事件もありました。
1998年 松井稼頭央と小坂誠の盗塁王争い

まあペナント終盤の消化試合では仕方ないのかな・・・・と思うしかないかもね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ponkichichi.blog49.fc2.com/tb.php/1058-b5962450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/07/08(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。