千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の映画のお話です。

おいらはこの映画を見に行きました。
20081013_kumakire.jpg
私がクマにキレた理由(わけ)

でも原題は「Nanny Diaries」って言うんですよ。
nanny: ベビーシッター、子守
diaries(複)/diary: 日記(今回の場合は観察記と訳した方がいいかも)

まったく違う和題がつけられています。
幸せの1ページ --- Nim's Island と似たような発展の仕方です

明らかに広告代理店(博★堂ですけどね・・)の戦略
西川史子を宣伝に使ってました。クマが似合わない女性タレントNo.1だと思いますけどね

で、やたらCMで
- 会社を辞めたいと思った人 80%
- でも続けている人 90%
とか
- 上司にキレた理由は?
とかいかにもOLの心理をあおるような宣伝しています。

でもね・・・映画の内容はまったく違う。
あえてネタばらししちゃいます。


大学で人類学を専攻したアニー(スカーレット・ヨハンソン)を中心としてストーリーが回ります。
人類学という観点で、博物館をモチーフにしたシーンから映画は始まります。
世界の子育て・・・といテーマで世界を映します。
ナレーションはスカーレット・ヨハンソンです。

そして主役のアニー
彼女は労働階級の出身。母親は彼女には裕福な暮らしをして欲しいと願います。
大学を卒業したあと、彼女は高収入を目指してゴールドマン・サックスの面接を受けます。

#英語でもちゃんとゴールドマン・サックスって言ってました。リーマン・ブラザースだったらこの映画はどうなったんだろう??って思いますね(笑えないけど爆)

そこで、「あなたは何ですか?」という質問に答えられず退散

#予告編では「あなたは何がしたいの?」と聞かれています

自分が本当にしたいことはなんなんだろうか?と悩むアニー
そこへ偶然ベビーシッター(nanny)としての機会が与えられる。
場所はマンハッタンのアッパーイースト

#おいらもNYCはしらんがいわゆる超お金持ち街らしいよ

そこでベビーシッターとして働くあいだにいろいろなことを感じる
 あなたがやらなければならないのは、会社の事業なの?
 あなたがやらなければならないのは、エステやセミナー参加なの?
 あなたたちの子供はどうするの?

それを最後にNannyCamera、いわゆる隠し監視カメラが仕込まれたテディベアに向かって叫ぶのです。
そして、アニーは自分として本当にやりたいことを見つける。
お金持ち夫人はアニーのカメラ映像を見て、もう一度自分を考え直す。
いい話です。

別にクマにキレた事が主題でもなんでもないんですよ


はっきり言って広告代理店がダメにした映画じゃないのかな?
映画好きの人はくだらない和題じゃなくても、スカーレット・ヨハンソンってだけで見ると思うんだけどね。
それ以上の集客をしなきゃならないのはわかるけど・・・

この映画の公式ページ見ると目が腐るので原題のページを見てください。
20081013_nannydiaries.jpg

映画的には面白かった。広告的には最低でした。

20081013_nanny.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。