千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。

何に??って
まあおいらの趣味はいろいろなところに散っております。
#だんだん高価になってくる気がしてきた

今日は1人でこれを見てきました
20081112_chicago.jpg


CHICAGOを最初に見たのは映画なんですけど、その後も日本で公演があるたびに見に行っています。
で、今日は初の日本語版CHICAGOでした。

シカゴでの主な登場人物は3人
ロキシー・ハート:米倉涼子
ビルマ・ケリー:和央ようか
ビリー・フリン:河村隆一

映画のシカゴでは
キャサリー・ゼタ=ジョーンズ と リチャード・ギアがビルマ&ビリーの役を演じましたね。
アカデミー賞の作品賞、キャサリー・ゼタ=ジョーンズは助演女優賞を獲りました

今回は台詞だけでなく、歌も日本語だったのはびっくりでした。
英語で持っていたイメージが若干崩れますが、まあ問題無い部類と考えてOKでしょう。

見た後に気づいたのですが、
 米倉涼子 → 女優出身
 和央ようか → 宝塚出身
 河村隆一 → 歌手出身
と見事に3つのエリアからミュージカルを演じてくれました。
単なる感想としては
 ロキシー・ハート ・・・ 歌も踊りも・・・、でも台詞に関してはさすが女優さん
 ビルマ・ケリー ・・・ ダンスはさすがですね。踊りながら歌うのもお見事
 ビリー・フランク ・・・ 歌や声量は惚れますね
でもこの3人が上手くマッチしているんですよね。

身長は微妙なアンバランスですけど
順番に168cm/174cm/170cm(全て推定) です。
舞台ではヒールの差もあり
和央 > 米倉 > 河村の順ですからね

日本語版もある意味いいかもって思いました。
でも初めてCHICAGOを見る人もいたんだろうな・・・・
最初が日本語版ってのはちょっと可哀想に思ってしまいました。


おいら的にはストーリーから歌までほとんど覚えているので、英語版がいいかと思ったかも
いつか本場ブロードウェイでCHICAGOを見たいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。