千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには真面目な記事でも(笑)


昔、こんな笑い話がありました。
当時の日本の首相は森さん。
英語はからっきしダメ。IT革命を「イット革命」と呼ぶぐらいですから(笑)

サミットで当時のアメリカ大統領のビルクリントンに会った森首相。
頑張って英語でしゃべりました。

How are you ?
と聞くつもりが
Who are you ?
と聞いてしまった。

それをクリントン大統領は
I am Hillary's Husband.
と返したんですよね。かなり洒落の聞いた大統領だと思います。
その逆に、恥ずかしい首相ではありますが・・・・・
今度はヒラリーが
I am Bill's wife. とでも言ってくれるんでしょうか?



てなわけで、今日はアメリカ大統領選挙のお話。

アメリカでは各党で大統領候補を選出する予備選挙や党員集会が行われています。
アメリカは二大政党の国。共和党と民主党がその2つ。
それぞれの政党で選ばれた大統領候補が11月の大統領選挙で戦うことになります。

日本で話題になっているのは
オバマ vs ヒラリー ですかね?

この2人は民主党の大統領候補。
現在の情勢では次の大統領選挙では民主党が有利といわれていますので、実質的には大統領選挙かも知れません。
#一応、共和党も党員集会や予備選挙をやっています

どちらが候補となっても

初の黒人大統領 or 初の女性大統領

ということもあり、注目されていますね。


おいらが思ったのは日米の選挙活動の違い

日本って何かと規制があるんですよね。
おいらの記憶だと
(1) ビラの枚数制限
(2) インターネットを使った選挙活動の禁止
など

(1) は昔の名残みたいですね。紙が高価だったころ、お金持ち候補に有利になる・・・と言った理由でビラは制限があるらしいです。
面白いのが(2)
何ゆえ、この時代にインターネットが禁止なんでしょうかね?

たぶん理由は以下3つ
(a) インターネットは老若男女が見るメディアとして認められていない
  一部の若者だけが使うと思っているんでしょうね?
  数年前ならまだしも、今はそんなことは全然ないと思うんですけどね。
(b) お金持ちだけが使えるものと思われている
  今はみんな使ってますよ。携帯電話の普及率とテレビの普及率はかわらんでしょ・・・
(c) 年配の候補者がネットを使えない
  これがデカイ理由では?と思っちゃいますね。

こんなことだから日本の選挙は選挙カーで名前を連呼するしかないんですよ。たぶん・・・・

ネットでの選挙活動の方が効率的で、安く活動が出来る気がするんですけどね
ま、ネットだけでしか活動されなくても困るけどね(;^ω^)

アメリカの大統領選挙は各候補とも大々的なサイトを立ち上げています。

ヒラリー・クリントン
バラック・オバマ

日本とはやることが違いますね。これが現在の日米の差じゃないでしょうか?
どうも日本の政治はおっさんがやっている気がして仕方が無い。

おいらはヒラリーのダンナ(ビル・クリントン)が好きだったんで、ヒラリー派です。
クリントンのおかげで現在のアメリカの好景気があるといっても過言ではないと思います。

YouTubeでも選挙動画です。



アメリカでは各候補がディベートで戦いますよね。
候補者の考えていることがわかっていいかも・・・って思います。
それを判断するのが国民って図式が理にかなっているよね
#アメリカの学校ではディベートの授業があるって聞いたことがある

景気がよくなる政策をしてくれそうな人が大統領になってほしいな。
軍事系大統領はもういいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。