千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと驚いた。

米FRBが緊急利下げ=FF金利0.75%下げ3.5%に

サブプライムローンでの不良債権を発端とした世界同時株安

今日の日経平均株価も醜かった。
日経平均株価は -752.89円安の 12,573.05 円

昨年12月末の終値が 15,307.78 円
10月11日の最高値が 17,488.97 円
去年末から2,700円。
そしてわずか3ヶ月ちょっとで5,000円も下げてる。

どんだけ~~~~


FRBってのはアメリカの中央銀行と考えていいでしょう。日本で言う日銀。

そこがフェデラルファンド(FF)金利を0.75%引き下げ。
日本で言えば公定歩合と考えてよいでしょう。
※公定歩合 --- 中央銀行が一般の銀行にお金を貸すための金利

アメリカの景気を後退させないために、お金が回りやすくするのが狙い。
金利が下がると、お金が回りやすくなり景気が好転するというのが一般的な考え方。
それを踏まえて株価は上昇する。またそれほどの長期で考えずともお金が融通しやすくなると言うことは相場にとってはプラス要因


それにもかかわらず、NY市場はオープンと同時に400ドルを越える下げ

どうなっているんでしょうね?
市場は思惑で動きますので、利下げがあるということが既に織り込み済みだったってことなのでしょうか?

これでアメリカの株価が戻らなかったら日本はもっと悲惨なことになります。
アメリカ株が下がる --> 日本株も下がる
USドル預金の金利が下がる --> 金利のよい通貨に乗り換え --> ドル安
ということは必然的に円高。

やっぱり株価は下がる

う~~~ん、なんともならんね

20080122_nikkei.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。