千葉ロッテ応援ブログ。ジョニー引退後、おいらの応援先は根元俊一へ行ってます。
■ ジョニーの1球
このブログをお気に入りに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のニュースとして

BS12チャンネル「TwellV」にてマリーンズ主催試合生中継決定!!

というのがありました。

oyajiさんのところでもいろんなコメントが出ていたのですが、ちょっと解説しましょう



まずCATVについて説明する必要があります。

『自分はCATVなんて入っていないから関係ないよ~~~』
と思っている方!!
実は大間違いの可能性があるのです。


CATVに契約していなくても、家のTVがCATV局経由で来ている事があるのです。
家にアンテナを立てる代わりに、CATV局のアンテナで受信している可能性があるのです。
特にここ10年くらいで立てられた共同住宅(アパート・マンション)はその可能性が高いです。

『そんなことわざわざやってくれるなんてCATVって親切~~~』
ともいえるのですが、株式会社のCATVがそんな慈善事業をやるはずがありません。
集合住宅の場合、最初からCATV局経由で放送を流すことで、居住者を加入させやすくするのです。
集合住宅の場合、CATVを見たいと思っても簡単にはケーブルを引くことが出来ません。
見たい!!と思っても工事に2ヶ月かかります・・・・と言われたら加入する気がなくなると思います。その機会を逃さないために事前に工事をしておくのです。
CATV・インターネット対応マンション!!と言っているのはこういうことです。


『それじゃあそういう住宅に住むとCATVに加入しないとテレビが見れないのでは?』
もしそうだったら「押し売り」ですね。

CATVでは独自コンテンツだけでなく一般放送も流しています。(※1)
一般放送に関してはCATVに加入しなくても見れるのはご存知の通りだと思います。
CATVに加入すると家にセットトップボックスというのをおいて、それとTVを繋ぎます。
有料放送はビデオ1、ビデオ2などに切り替えてみているのではないでしょうか?
一般放送はセットトップボックスの電源を切っていても見れると思います。普通に6ch、8chなどで見ていると思います。
埼玉県で千葉テレビが見れたり、神奈川県でテレビ埼玉が見れたりといった事があると思います。これはCATV局が本来届かない地域に対しても放送を流してくれているからです。
これが基本セットの一部だったりもしていますよね?


アナログ放送時代はこれで問題は無かったのです。
問題なのはデジタル放送。

現在は世の中にはアナログとデジタルの両方の電波が飛んでいます。
それぞれに対応したアンテナを立てて、どちらを見るかを決めればよいのです。

そう「アンテナを立てれば」です。
CATV局経由で電波をもらっている家ではこの自由が無いのです。

CATV局ではアナログ放送はそのまま流してくれていました。(※1参照)
でもデジタル放送をそのまま流すにはいろいろと問題があるのです。
- 設備のデジタル対応の問題
- インターネットとの兼ね合い
などがあります。


~~~~~~~ここからはちょっと難しいので飛ばしてもOKです~~~~~~~

CATVでは利用周波数ごとに用途を分けているのです。
デジタル放送の場合は通常と周波数帯が異なります。
その周波数帯を使ってしまうと、インターネットで使える範囲が狭くなって、速度が遅くなったりしてしまいます。
ケーブル電話に雑音が入るかも知れません。

~~~~~~~難しいのはここまで~~~~~~~


つまりデジタル(地上波・BS・CSなど)はCATVでそのまま流してくれない可能性があるのです。
そのまま流すことを「パススルー」と呼んでいます。

同一周波数パススルーをしてくれれば、デジタル対応TVがあればCATVの加入に関係なくデジタル放送を見ることが出来ます。
#WOWOWやスカパーなどはスクランブルが掛かっているので、WOWOWやスカパーに加入しないとそれを解除できません


ここが2つ目のポイントです。
デジタル対応TVをもっていない人は
- 地上波デジタルが見れない?
- BSデジタルが見れない?
- スカパーが見れない?

答えはNoです。

それを上手く補っているのがCATVなのです。
CATVのセットトップボックスが対応していればよく、TVを買い換えなくてもデジタル放送が見れるのです。
CATVの各局では
「2011年以降も今のテレビでOK」
といった広告を大々的にうたっていますよね。

うちの近辺を網羅している北区ケーブルテレビ

20080128_catv.jpg

ほ~~ら、
「テレビ買い替え不要」をうたってるでしょ

ただ、この方法でデジタル放送を見たとしても、ビデオ信号としてみることになります
つまりハイビジョンでは見ることが出来ません。
#D端子で見れば別ですが、そんなテレビはデジタル対応されていることと思います。

この方式を「トランスモジュレーション方式」と言っております。
CATV会社から言うとこちらのほうを「デジタル対応」と言っている場合が多いかと思います。
#パススルーは金にならんしね。

ここを見ていただくとちょっとは解るかも知れません。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/tokushu/gen/20040311/107893/?P=10



さてさて、本題のTwellVが見れるのか?に戻ってみたいと思います。

(1) パススルー方式の場合
テレビがBSデジタル対応であれば見られます
※地上波だけでなくBSもパススルーになっている必要があります。

(2) トランスモジュレーション方式の場合
CATVが再配送してくれないと見れません。さらにオプションとなる可能性もあります。


皆さんのお宅でTwellVが見れるかはいろんなパターンがあって一概には言えません。
質問1:家のテレビがCATV局経由なのかどうか?
質問2:CATVの方式がパススルーなのか?モジュレーションなのか?

でさらに複雑なパターンもあります。
うちの家はたぶんそうなんですが、
 地上波 --- CATVからのパススルー
 BS/CS --- 独自の衛星アンテナ
となっています。
この場合はBSはCATV局に関係ありませんので、TwellVを見ることが出来ます。
e2スカパーにも加入することが出来ます。


CATVのデジタル対応はこちらに出ています。
http://www.catv-jcta.jp/digital_list/top.htm

マンションにCATV会社の広告がよく入っていて
「対応マンションです」って書いてあったら、そのCATV局経由ですよ。


「周波数変換パススルー」の場所は微妙ですな~~~
アップコンバーターなんて普通の家にはないですよ。
周波数を変換してあるので、チャンネル番号が変わっている可能性がありますよ。


たまに真面目に書いてみた。かなり疲れた(;´д`)トホホ…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど
勉強になりました。都会は都会でいろいろ制約があるんですなぁ。田舎はBS,CS,UHFアンテナそれぞれ自力で立ててますから(地上波アナログも元々UHF中継局経由)テレビさえ対応させれば見られるわけで訳わかめ状態ながらBS12のニュースは嬉しかったりするわけです。ネットも光だしもうケーブルTVの入り込む余地は無い、と思える今日この頃、やっと銚子TVというケーブルテレビのケーブルが伸びて来たりしたのでした。遅いんじゃい!
2008/01/29(火) 18:35 | URL | プー #JalddpaA[ 編集]
そうなんですよ
プーさん> まいど~~
ケーブルが猛威をふるっていますからね。
アンテナ一つにしても自分の自由にできないんですよ。
さらに集合住宅がおおいですし。
BS12はおいらは歓迎。ハイビジョン映像はやはり違います。
2008/02/03(日) 00:45 | URL | pon_kichi #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。